徳斎の帛紗

帛紗は茶道具をふき清める道具。おもてなしの心をあらわします。
德齋の帛紗は手に馴染み お道具に優しい風合いを大切にしております。

*価格についてはお問い合わせください。

帛紗

塩瀬無地帛紗 (赤・朱・紫)

各色4種

特優(とくゆう)
極上(ごくじょう)
(しん)
(ぎょう)

塩瀬無地帛紗

塩瀬無地 色帛紗

真色物 51色
徳帛齋(とくぶくさ) 22色

塩瀬無地 色帛紗

友禅帛紗

今日庵好鴨脚文帛紗・利休梅帛紗を初め、
その他多種。

友禅帛紗

ご希望のデザインによる別誂え友禅帛紗もお作りいたします。

今日庵御好 相伝帛紗

(納品にはお時間をいただく場合がございます。詳細はお問い合わせくださいませ)

玄々齋好 円能齋好 淡々齋好
相伝八種地紋帛紗

裏千家家元第十一代玄々齋宗匠が
平安時代の襲色目(かさねいろめ)から
考案、好まれた調和のとれた今日
庵お好み帛紗。

相伝八種地紋帛紗

小習は地紋が松重(緑色)、茶通は地紋が櫻重(桃色)…と、
八種各々厳重に区別された格式の高い帛紗。

淡々齋好
稽古用無地帛紗

無地・平織りの斜子織り。
赤と紫には銀杏、小習は松重(緑色)、茶通は櫻重(桃色)の紋があり、盆点まで七種。

稽古用無地帛紗

古帛紗/出帛紗

多くは名物裂の柄などの織りの裂地。
茶碗や道具をのせるなどして用います。
(流派等により呼び名などが異なる場合がございます)

古帛紗/出帛紗

織りの種類により金襴(きんらん)・錦(にしき)・緞子/鈍子(どんす)・間道(かんどう)
紹紦(しょうは)・風通(ふうつう)・モールなどがあります。
徳齋では現在約400種類のお取り扱いがございます。
ご参考「茶の裂地名鑑」淡交社
品切れ・製造中止の場合もございますのでご了承くださいませ。)

仕覆

仕覆

茶入・茶器をご持参くださいませ。お預かりして誂えさせていただきます。

裂地のご紹介

稽古用無地帛紗

名物二人静金襴  
Meibutsu Futari-shizuka Kinran

将軍足利義政が「二人静」を舞ったときの装束に使われた裂と伝わる。濃い紫地を背景に、向かい合う鳳凰を互いに交錯させた丸文を配している。大名物「北野肩衝茶入」の仕覆などにも用いられた。

法隆寺獅子狩文錦
Horyuji-temple Shishi-karimon Nishiki

袖落とし

名物有栖川馬文
Meibutu Arisugawa Uma-mon (houses)

数寄屋袋

名物興福寺金襴  
Meibutsu Kohfukuji-temple Kinran

名物興福寺金襴

古都奈良の猿沢池のほとりに位置する興福寺。
その興福寺に遣唐使船の往来で献じられた
極古渡りの裂。
宝珠形の金文に細かな霰の地文。火焔宝珠の
中には有翼魚尾の応龍が織り込まれています。
(徳齋創業300年を記念し復元致しました。)

その他茶道にかかわるお道具

別誂えになるものもございますので、在庫等お問い合わせくださいませ。

  • 袖落とし

    お袖落とし

    (名刺サイズ。使い終えた懐紙などを
    入れます。濡れたものは入れられません)

  • 数寄屋袋

    数寄屋袋

  • 楊枝入れ

    楊枝入れ

    (象牙楊枝)

  • 楊枝入れ

    楊枝入れ

    (徳齋竹楊枝
    -京都の竹を用いた徳齋製)

  • 志野袋

    志野袋

  • 帯

  • 利休百首扇子

    利休百首扇子

    天ぼかし(金・緑・ピンク・青)は
    一つひとつ職人の手で入れています。

  • 綴織帛紗挟み

    綴織帛紗挟み(多種)

    従来の柄のつづれ織りに加え
    徳齋の友禅ぼかしのイメージを
    正絹手織りの帛紗挟みにしました。

  • まめふくさ

    まめふくさ

    約1/4サイズのふくさです。
    お部屋の飾りにご利用ください。

  • おとも箱

    おとも筥(折り畳み式 菓子入れ)

    戦前に『徳斎弁当箱』として製作していたものを
    名物裂で手のひらサイズに復刻いたしました。
    お菓子を持ち帰る際や、
    小さなプレゼントを入れたり等ご利用ください。

  • 千歳盆用古帛紗

    千歳盆用古帛紗

    淡々斎好 七宝雪月花裂

  • 茶箱一式
  • 大津袋
  • 相生袋
  • 茶かぶき用帛紗
  • 色紙点用古帛紗
  • 和巾
  • 道具帛紗
  • 茶扇子
  • 染め古帛紗
  • 茶箱用一式

このページの先頭へ